ファミリーでUR賃貸住宅に住みたい方に必要な5つの条件【特に月収額が重要】

UR賃貸住宅は、保証人が必要なく、環境等もよくて、仕組みもわかりやすいのでとても人気が高いですね。また自治会等はあっても入会は強制ではないのでそのあたりも入居される方が多い理由の一つだと思います。

今回は、単身者ではなく、ファミリーで住みたい方のための条件をご紹介します。

UR賃貸住宅の申込み資格

次の1~5の条件をすべて満たす必要がありますがありますが、特に

  1. 申込者本人の平均月収額が基準月収額以上ある方
  2. 日本国籍の方、またはURが定める資格を持つ外国籍の方で、継続して自ら居住するための住宅を必要とする方
  3. 単身者もしくは現に同居し、または同居しようとする親族のある方
  4. 申込者本人を含めた同居世帯全員が、URが定める入居開始可能日から1か月以内に入居でき、物件内で円満な共同生活を営むことができる方
  5. 申込者本人を含めた同居世帯全員が暴力団員などではない方

特に重要なのが、1の申込者本人の平均月収額が基準月収額以上ある方という条件が一番だと思います。残りは、ごく一般的なことにになります。

申込者本人の平均月収額が基準月収額以上ある方

UR賃貸住宅に申込をされる方の平均月収額が、下表に記載する基準月収額以上あることが条件で
平均月収額とは、給与収入や事業所得、不動産所得、雑所得(年金等)など、将来も継続すると認められるもので、原則として過去1年間の合計額を12で割った額をいいます。また、いずれも課税対象になっているもので、かつ証明できるものに限ります。

世帯で申込む場合は、

  • 家賃が82500円未満の場合、基準月収額は、家賃額の4倍となります。
  • 家賃が82500円〜20万円未満の場合、基準月収額は、33万円です。
  • 家賃が20万円以上の場合、基準月収額は、40万円です。

例えば、東京の場合、きれいな住居が多く、人気が高い住居が多いのは、家賃が82500円〜20万円未満でしょう。住む場合、33万円の月収額が必要となります。

収入に関する書類

  • 収入を証明する書類お客様の収入形態により必要書類が異なります。
    1. (1)給与収入の方※①および②の書類が必要です。
      1. ①前年分の源泉徴収票※原本(社印が押印されているもの)とし、マイナンバー(個人番号)の記載がないものをご提出します。また、給与支払元が個人事業主の場合は、実印での押印および印鑑証明書を添付します。※採用後1年に満たない方は、UR都市機構指定様式の収入証明書を利用し、併せて、社員証・健康保険証などの写しを提出します。
      2. ②本年度の課税証明書または本年度の住民税決定通知書※市区町村が発行する昨年の収入が記載されているものを提出します。本年度の課税証明書および住民税決定通知書が発行されない期間は、取得可能な最新のものを提出します。
    2. (2)個人事業主の方
      1. 前年分の納税証明書(その2)※原本(所管税務署長発行のもの)を提出します。
    3. (3)年金所得者の方
      1. 公的年金証書または年金振込通知書等※原本およびコピーを提出します。なお、年金振込通知書については、最新のものを提出します。
    4. (4)貯蓄基準を利用される方
      1. 残高証明書※残高は円預金とし、金融機関での発行後7日以内の、直近の残高が証明できるものを提出します。平均月収額が基準月収額に満たない場合
  • その他、証明に必要な書類上記書類のほか、証明に必要な書類を提示・提出を求められる場合があります。

後少し基準が足りないから、収入をごまかせないかなという方がいるのも知っています。しかし、なかなか難しいですね・・・。貯蓄基準で審査を通すか、個人事業主として前年から収入を上げて準備して提出する必要があると思います。

良いところに住んでも家賃が払えないようでは、意味がないのでまずは、自分の収入にあったところを選びましょう。

経営者の方などは、社宅として借りても良いですね。

タイトルとURLをコピーしました