子供が生まれた時の出産育児一時金の協会けんぽ申請【事業主】郵送でOKです

会社員の方は、事業主を通じて手続きを行うので、なかなか情報がないため、自分のメモとして、先に調べておけばこれで安心です。経営者や自営業者の方は、自分でやらなければいけないので大変ですね。

今回は、事業主が行う手続きについてご紹介します。提出時に会社から情報を求められると思うのでサラリーマンの方も知っておくと良いですね。

出産育児一時金の申請

出産育児一時金は、被保険者及びその被扶養者が出産された時に協会けんぽヘ申請されると1児につき42万円が支給されます。

支給を受ける条件

被保険者または家族(被扶養者)が、妊娠4か月(85日)以上で出産をしたこと。(早産、死産、流産、人工妊娠中絶(経済的理由によるものも含む)も支給対象として含まれます。)

必要なもの

  • 医療機関等から交付される直接支払制度に係る代理契約に関する文書の写し(代理契約を医療機関等と締結していない、または医療機関等が直接支払制度に対応していない旨が記載されているもの)
  • 出産費用の領収・明細書の写し
  • 申請書の証明欄に医師・助産婦または市区町村長の出産に関する証明を受けること(証明が受けられない場合は、戸籍謄本、戸籍事項記載証明書、登録原票記載事項証明書、出生届受理証明書、母子健康手帳(出生届出済証明がなされているものなど)

問い合わせ先や申請先

申請書を提出するために協会けんぽの窓口へ行かなくても良いそうです。申請書の提出はすべて郵送で行うことができます。加入している協会けんぽ支部まで郵送でOK。

問い合わせや窓口の受付時間は月曜日から金曜日の午前8時30分より午後5時15分まで。

申請書類は協会けんぽのホームページから申請書のダウンロードが可能です。

健康保険出産育児一時金支給申請書 | 申請書のご案内 | 全国健康保険協会
タイトルとURLをコピーしました