過去の情報を知られたくないあなたに年金手帳再発行。【内定】【事務センター】【郵送】

年金手帳を再発行したい人もいるのではないでしょうか。例えば、中途採用等で内定企業に記載された企業を知られたくない場合や離婚等で名字が変更されている記録が残っている場合等色々人それぞれのプライベートなことがあると思います。

そんな方のために再発行手続きの方法をご紹介します。もし手元にあっても、どうしても過去を知られたくないという方は、紛失ということで発行してもよいのではないでしょうか。。。仕方ないですよね。過去を変えることはできないので、ウソを付くのではなく、せめて知られないようにすることは許されるのではないでしょうか。

年金手帳の再発行

年金手帳を紛失又はき損したとき、または届出によらず、住民基本台帳ネットワークの異動情報に基づき、氏名変更が行われたときは、個人番号または基礎年金番号を記載した申請書を提出し、年金手帳の再交付を申請することが可能です。

提出先

  1. 国民年金第1号被保険者又は任意加入被保険者の場合
    住所地の市区町村役場
  2. 厚生年金保険又は船員保険の被保険者の場合
    勤務する事業所を経由して又は直接、事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  3. 国民年金第3号被保険者の場合
    配偶者の勤務する事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  4. 厚生年金保険の第四種被保険者の場合
    住所地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  5. 最後に加入の年金制度が国民年金であり、第1号被保険者又は任意加入被保険者であった場合
    被保険者であった最後の住所地を管轄する年金事務所
  6. 最後に加入の年金制度が厚生年金保険又は船員保険であった場合
    被保険者であった最後の事業所の所在地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)
  7. 最後に加入の年金制度が国民年金であり、第3号被保険者であった場合
    被保険者であった最後の住所地を管轄する年金事務所(郵送の場合は事務センターでも可)

年金事務所事務センター

郵送でも提出が可能です。以下に事務センターの情報が記載されています。

書類ダウンロード

書類は以下よりダウンロード可能です

年金手帳の再交付を受けようとするとき|日本年金機構

過去オレンジ色の年金手帳だった方は、再発行すると現在は、ブルーの年金手帳になるようです。

タイトルとURLをコピーしました