仕事をするにあたっての労働条件に関する基本原則を調べてみた【労働基準法】【社会保険】

仕事をするにあたって給与や休暇のことだけでなく、労働条件のことを知っておくことは大事です。

労働条件の基本原則

労働条件の原則、労働条件の決定、均等待遇、男女同一賃金の原則、強制労働の禁止、中間詐取の排除、公民権行使の保障などをおさえておきましょう。

労働条件の原則

労働条件の原則には、以下があります。

  • 労働条件は、労働者が人たる値する生活を営むための必要を満たすべきものでなければなりません。
  • 労働基準法で定める労働条件の基準は最低のものであるから、労働関係の当事者は、この基準を理由として労働条件を低下させてはならないことはもとより、その向上を図るように詰めなければなりません。

労働条件の決定

労働条件は、労働者と使用者が、対等の立場において決定すべきものです。労働者および使用者は、労働協約、就業規則及び労働契約を遵守し、誠実に各々その義務を履行しなければなりません。

均等待遇

使用者は、労働者の国籍、信条または社会的身分を理由として、賃金、労働時間その他の労働条件について、差別的取扱いをしてはいけません。

男女同一賃金の原則

使用者は、労働者が女性であることをリユとして、賃金について、男性と差別的取扱いをしてはいけません。

強制労働の禁止

使用者は、暴行、脅迫、監禁その他精神または身体の自由を不当に拘束する手段によって労働者の意思に反して労働を強制してはいけません。

中間詐取の排除

何人も、法律に基づいて許される場合のほか、業として他人の就業に介入して利益を得てはいけません。

公民権行使の保障

使用者は、労働者が労働時間中に、選挙権その他公民としての権利を行使し、または公の職務を執行するために必要な時間を請求した場合においては、拒んでいけません。ただし、権利の講師または公の職務の執行に妨げがない限り、請求された時刻を変更することができます。

まとめ

仕事をする上で、以下の労働条件に関する基本原則を知っておくと良いですね。

  • 労働条件の原則
  • 労働条件の決定
  • 均等待遇
  • 男女同一賃金の原則
  • 強制労働の禁止
  • 中間詐取の排除
  • 公民権行使の保障

以下、労働基準法の内容で参考になりそうなものをあげておきます。

  • 労働基準法第1条で、労働条件の低下が社会経済情勢の変動等他に決定的な理由がある場合には、抵触しません。
  • 労働基準法第2条第2項の義務違反は、罰則までは設けられていません。
  • 労働基準法第3条では、特定の思想、信条を有する者をその故を持って雇い入れることを拒んでも直ちに違法とすることはできません。
  • 使用者は労働者が女性であることを理由として男性より高い沈金を支払うことは労働基準法違反になります。
  • 公民としての権利には、民法による損害賠償に関する訴権の行使は、含まれません。

タイトルとURLをコピーしました