子育て世帯が賃貸マンションを探す時、おすすめのUR【シンプル審査でお得な制度あり】

賃貸でマンションを探す時、住宅環境や間取りも重要ですが、審査が通るのかどうかということも大変重要です。とくにこれから子育てを考えたらできるだけ費用も落として良い条件で契約したいですね。

いざ申し込もうと思うと、こんな不安があると思います。

  • 審査は、どんな基準でやっているのだろうか。
  • うちの給与で通るのだろうか
  • 毎月かかってくるものなので、できればお得に住みたい
  • 更新費用は、どのくらいなのだろうか

住宅環境、間取りを探している時はとてもワクワクしますよね。でもいざ、良い物件が見つかるとこのような不安が襲ってきますよね。

とても明確な審査基準で新しい物件も多いURをおすすめします。今回は、特に気になるどのようなお得な制度があるのかと審査基準をみてみましょう。

お得に契約できます

まず最初に言っておきましょう。URは、礼金なし、仲介手数料なし、更新料なし、保証人なしで契約が可能です。ここだけでもかなりお得です。

では、特に子育てに関わるお得になる便利な制度をみていきましょう。

  • そのママ割
  • 子育て割

があります。

そのまま割

そのまま割とは、子育て世帯に家賃が3年の定期借家契約で満18歳未満の子供を扶養する世帯、お申込み時に妊娠している場合も対象にお得な家賃設定になっています。

子育て割

子育て割とは、子育て世帯に最大9年間20%減額されます。18歳未満の子供がいれば、または結婚してから5年以内なら対象です。

この他にも近居割といった2世帯で近くに住む家族に年間家賃を最大5%減額されるものや各種ありますので詳しくは、URの便利な制度のページをご覧ください。

では、次に審査基準をみていきましょう。

そのママ割は、18歳未満の子供を扶養している世帯であれば可能です。ただし、最長3年の契約となるので注意が必要です。

子育て割は、18歳未満の子供がいる、または、新婚世帯で一定の所得制限以下であることが条件となっています。

かなりお得でおすすめです

はっきりいって、このような制度を使わなくても民間の賃貸よりも敷金礼金等含め安いです。制度を使えばさらにお得になります。しかも、住まれている方は、原則、それなりの所得以上の方や法人契約されているモラルの高い方が多いため安心して住むことができます。また、管理の担当者も常駐していますし、毎日掃除されるおじさんがいます。

過去に都営団地や市営団地に住んだことがありますが、モラルが低い方が多く、大変ストレスがたまりました。それに各種当番等面倒な役割が回ってきたりと本当にいやでした。しかし、URでは、そう言ったトラブルになるようなことはないでしょう。

民間も更新費や退去費用などの不安がつきません。

URは、おすすめです。いま、私はURに住んでいますがとてもゆったりと過ごせています。いまは、とても気に入っており、別に良い間取りが出たら、団地内引越しを考えているくらいです。

タイトルとURLをコピーしました