正社員を採用したときに必要な社会保険手続き【中小企業/SOHO】【社会保険事務所】【健康保険と厚生年金保険】

正社員を採用したときにどういった手続きをしたら良いのか難しいですよね。特に小規模企業の経営者は、余計なコストを掛けられないので社会保険労務士等に依頼するわけにもいかないのでとても大変です。できることなら、小規模経営者なら自分で手続きしましょう。最初は大変ですが、一度やれば後はとても簡単です。手続き程度でこんなことで高額な支払いをしていたのかと思うでしょう・・・。もちろん、ケースバイケースで手間のかかるところやミスの許されないところは依頼すると良いでしょう。

社会保険の手続き

今回は、事業者が行う社会保険の手続きについてご紹介します。

正社員を採用した場合、健康保険、厚生年金保険へ5日以内に加入しなければいけません。

手続時期・場所及び提出方法

事業主が「被保険者資格取得届」を日本年金機構へ提出します。

  • 提出時期は、5日以内
  • 郵送で事業所の所在地を管轄する年金事務所へ郵送します。もしくは、電子申請、窓口持参でも可能です。

必要書類・提出書類

社会保険事務所へ社会保険の手続をしなくてはいけないということは、わかったけど、、、他の確認事項や必要書類も見ておきましょう。

まずは、年金手帳を提出してもらい、基礎年金番号を確認しましょう。これは、将来的に年金手帳はなくなる方向で進めているらしいですね。マイナンバーと連動すればそれで確認できますからね・・・。

以下の提出書類の作成をします。

  • 健康保険厚生年金保険 被保険者資格取得届
  • 健康保険厚生年金保険 被保険者資格証明書交付申請書

そして、前述の通り、資格取得日から5日以内に管轄の年金事務所か健康保険組合に提出する必要があります。

手続きが完了すると健康保険厚生年金保険被保険者資格取得確認及び標準報酬月額決定通知書が返却されますので会社で保管します。そして、健康保険証と年金手帳は、本人へ渡します。

以上で、社会保険に関しての手続きは完了です。書類を一通り準備して行けば、あとは、担当の方が修正箇所があれば教えてくれますので特に不安になる必要はないと思います。届けを出さない事業所を出さないよりもわからないなりにも出そうとする事業所にはしっかり対応してくれるでしょう。

提出先などの日本年金機構の所在地は以下にまとめてあります。

タイトルとURLをコピーしました